外側だけでなく

住宅診断

昨今、欠陥住宅による深刻な被害が報道されることが何度かありました。
大きな買い物、生活の基盤となる家の安全性が疑われてしまっては、私達消費者にとって深刻な問題になります。
そこで利用したいのが、住宅診断です。
ハウスメーカなどではなく、第三者の目で、その家が安全性の基準を満たしているのか、買っても大丈夫かを診てもらうのです。
昔からある診断ですが、最近は利用者が増えてきたことで話題になっています。
建売住宅は特に、建てている経過を知らないことがほとんどですから、専門の診断士に診てもらい、安全を担保してもらう事はとても良い手段だと思います。
その結果を待ってから最終的な判断をするのは、決して遅くないと思います。

いろいろなメーカーがあるけれど

ハウスメーカーは、それぞれ独自の技術を持って家を建てています。
地震が多い日本ですから、耐震・免震技術の向上、また、お手入れが簡単で長持ちする外壁などの技術といった、私達素人にはわかりにくい部分にもこだわっています。
建築の知識があって、事情にも詳しい人ばかりが家を買うわけではありません。
それでも、それぞれにこだわりたい部分があると思います。
注文住宅と違って建売の場合、その土地にすでに建てられている物件ですから、メーカーにこだわって家を買う事は難しいかもしれません。
その家を建てたメーカーは、どんな技術を持っているのか、その技術をどう生かしているのかなど、他にも確認しておきたい点はたくさんあります。
購入後もお世話になるハウスメーカーや不動産業者ですから、担当者や技術責任者の対応も見ておくと良いでしょう。